おはようございます♪ 量は質に転化する!? 月間走行距離200Kmの、走食系女子カトレアです♪『指先で未来を変える』をコンセプトに、RUN情報を中心に不定期配信しています(*^^)v


ランニングを継続的に行うことで、色んな効果があります(^_-)-☆




今回は、ランニングと筋肉について

  • 筋肉痛になるのは、どうしてなのか?
  • どこの筋肉が強化されるのか?
  • 走り続けたら、キン肉マンになってしまうのか?
  • 筋トレもやった方が良いのか?


  • などなど、筋肉にフォーカスしてみました♪ まもなく薄着の季節がやってきます!スッキリボディを手に入れる為に、ぜひ参考にしてみてください^^



    ランニングで筋肉痛になるのは、どうして?

    筋肉痛は、運動などで身体を動かすことによって引き起こされた筋肉の痛みです。一般的に「筋肉痛」といわれるのは、運動した数時間後から翌日以降に筋肉が痛む「遅発性筋痛」をいいます。筋肉痛の主原因となる運動は、筋肉が収縮方向とは逆方向に引きのばされながら力を発揮する運動です。
    BY:WIKI

    はてにゃんはてにゃん

    ランニングをした後は、ふくらはぎや太ももなど、あちこちが痛くなったりしますよね?!


    ランニングは全身運動なので、下半身だけでなく上半身が痛くなるという場合もあります。


    カトレアカトレア

    筋肉痛になるのは辛いですが、ランニングでしっかり筋肉を鍛えた証のようにも感じますよね(´艸`*)


    筋肉痛は、ランニングの度に必ずなるもの!という訳ではありません。ランニングの時間の長さやスピードなど、負荷に対する筋肉の耐久性が関係していると言われています。


    つまり筋肉にその運動を長くし続けられるだけの耐久性がなかったり、普段よりも大きな負荷がかかったりした場合に、筋肉痛になると考えられているのです♪


    カトレアカトレア

    ランニングを続ける効果として、筋肉の耐久性がアップするんです^^


    はてにゃんはてにゃん

    筋肉に耐久性が出来てくれば、走っても筋肉痛にはなりにくくなるんだね~


    フルマラソンも何度も大会に出ていると、耐久性が出来てきます!毎回回復が早くなって、当日も元気に打ち上げに参加できるようになったりします(笑)





    では次に、ランニングすることで鍛えられる筋肉についてみていきましょう♪

    ランニングすることで、どこの筋肉に効果があるの?




    ランニングで使う筋肉は・・・

  • 大腿四頭筋
  • ハムストリングス
  • 大殿筋
  • 下腿三頭筋
  • 脊柱起立筋
  • 腹直筋


  • カトレアカトレア

    わかりにくすぎる・・・・


    はてにゃんはてにゃん

    そんな時は、テッテテ~ッ(^^♪「翻訳コンニャク」

  • 太もも
  • 太ももの裏側
  • お尻
  • ふくらはぎ
  • お腹


  • 身体を支えている太ももを中心に、腰やお腹などの上半身の筋肉も使っています^^


    初心者の内は、特にふくらはぎと太ももの前の筋肉を使うので筋肉痛もこの辺りが中心にでます。走り慣れてくると、太ももの裏側~お尻というように使う筋肉も変わってきます。下から上に↑↑という感じですね。





    フォームが安定して、脚力が付いてくると腹筋なども上手に使えるようになってきます。では、ずっと走り続けると筋肉が付きすぎてしまったりするのでしょうか?次章で、詳しくみていきましょう♪



    走り続けたら、キン肉マンになってしまうのか?




    ムッキムキのキン肉マンを目指して、ランニングをされている方はいらっしゃいますか?


    はてにゃんはてにゃん

    そんな方には、残念なお知らせがあります(笑)


    カトレアカトレア

    ランニングで使う筋肉では、キン肉マンにはなれません!


    筋肉を大きくすること、つまりムッキムキにすることを「筋肥大」と言います。





    筋肥大を目指す場合は、高い負荷でトレーニングをする必要があります。ウェイトトレーニングなどで、速筋を鍛えないといけないのです!


    「速筋」は、瞬発性に優れた筋肉で短距離走などで大活躍します駄菓子菓子!マラソンは長距離走なので、速筋ではなく遅筋と言われる長い時間運動を続ける時に大活躍する筋肉が鍛えられるのです(*^^)v





    カトレアカトレア

    「遅筋」で筋肥大することは、ほとんどありません。


    遅筋を鍛えることで、より多くの脂肪をエネルギーとして活用できるのです♪


    はてにゃんはてにゃん

    体力=筋力でもあり、体力を向上させたい人は遅筋を鍛えるのがベスト!


    では、ランニングと筋トレを並行すれば効果はあるのでしょうか?

    ランニングだけでなく筋トレもやった方がいいの?




    ランニングと筋トレは、とても相性がいいので両方やると相乗効果があがります(´艸`*) 脂肪を落としつつ筋肉が付くので、身体がバランスよく鍛えられちゃうのです!筋肉が増えると基礎代謝も上がり、太りにくい身体へと大変身←ここを目指したいですよね^^


    カトレアカトレア

    「基礎代謝」とは、何もしていなくても消費されるエネルギーのことです。


    はてにゃんはてにゃん

    基礎代謝の内、4割程度が筋肉で消費されているので筋肉を鍛えることでエネルギーの消費量がUPします


    両方を組み合わせることで、ナイスバディ街道まっしぐらですね(´艸`*)それでは、今回のまとめです♪

    まとめ




    筋肉痛は、運動などで身体を動かすことによって引き起こされた筋肉の痛みです。つまり筋肉にその運動を長くし続けられるだけの耐久性がなかったり、普段よりも大きな負荷がかかったりした場合に、筋肉痛になると考えられているのです♪


    ランニングを継続することで、筋肉に耐久性がついてくるのです^^


    カトレアカトレア

    筋力向上=体力向上=基礎代謝向上


    はてにゃんはてにゃん

    もう、いいこと尽くし(´艸`*)


    ランニングで鍛えられる筋肉は、主に6つあります!

  • 太もも
  • 太ももの裏側
  • お尻
  • ふくらはぎ
  • お腹


  • さらには、ランニングだけでなく筋トレも並行して行うことで脂肪を落としつつ筋肉が付くので、身体がバランスよく鍛えられちゃうのです!


    ただし、すぐに効果が出る訳ではありません。自分で効果を実感するまでには、最低でも三ヶ月はかかると思った方がいいでしょう((+_+))


    コツコツと継続してこそ、理想の身体が出に入るのです!夏まで、ちょうど三ヶ月あります!躊躇なく水着姿になれるように、あなたもランニングと筋トレ効果を試してみませんか? 今回も最後まで読んで頂き、ありがとうございました(´艸`*)