Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


春になって、ランニングには最適な気温になってきましたね^^♪
日によっては、昼間は暑いくらい;
ランニングの後は、汗だくになってしまいます。


汗をかくと、蒸れやニオイ、汗冷えの原因にもなってしまうので
なるべく快適性の高いものを身に着けたいですよね!


はてにゃんはてにゃん

女性なら、特に気を付けたい身だしなみ・・


最近は、毎日のようにダイエットランニングをしているので洗濯物の量が一気に増えました(笑)


先日、洗濯事情により普通の下着で走ったら。。ワイヤーの部分が擦れてしまって、傷ができてしまいました。。


カトレアカトレア

やっぱりアンダーウェアって、大切ですね!


そこで今回は、ランニングをする時の女性の下着事情について見ていきましょう♪


ランニング時の下着、どうしてる?

走るという行為は、一定の動きをひたすら繰り返します。
フルマラソンのレースだと、完走タイムの時間だけ何時間も繰り返すのです!


普段はなんてことない、ウェアのタグでも長時間同じ個所に擦れ続けると。。


はてにゃんはてにゃん

考えただけで、痛いですよね(笑)


男性ランナーさんが、二プレスを使うのも納得です!
女性の場合は、バストトップも下着でカバーしますが
その下着が合わない場合・・42.195kmの道のりはひたすら苦行になります・・





オサレウェア同様、ランニング用やスポーツ専用の下着も各メーカーから出ていて、
マラソン大会では、ほとんどの女性がスポーツ用の下着を身に着けていますよね!


はてにゃんはてにゃん

まさに、勝負下着(´艸`*)


私も、当然そうなのですが・・


カトレアカトレア

10kmの短い距離だし、このままでいっか~


と、普通の下着でランニングして傷モノになりました(笑)
やっぱり、肌に直接触れるものって大切ですね!


次章から、スポーツ用の下着について、何が優れているのか詳しく見ていきましょう♪

ランニング時は、下着もランニング仕様にした方が良い理由

そもそも、普通の下着とスポーツ用の下着の違いってなんでしょうか?


はてにゃんはてにゃん

普通の下着は、身体を隠しながら、美しく魅せるものです(´艸`*)


寄せたり、上げたり、上下お揃いにしたり・・
下着=ランジェリーなのではないでしょうか?





それに対して、スポーツ用の下着は…


カトレアカトレア

運動時の衝撃から守ることが目的!!!


下着=アンダーウェアという感じですね。
攻めと守り、それぞれ役割も目的も勝負下着の意味も全く変わってきます(笑)


スポーツ用の下着の特徴としては・・

  • 伸縮性があって動きやすい
  • 揺れない、ズレない
  • 吸水性、速乾性がたかくムレナイ
  • シルエットがでにくい
  • 見えても、エロチックじゃない(笑)
  • クーパー靭帯の保護


  • このように、運動に適した作りになっているのです(^^)/
    そして最後に出てきた、気になるワード<クーパー靭帯>について詳しく知っておきましょう♪



    クーパー靭帯は一度切れると二度と元には戻らない!?

    まずは、クーパー靭帯(くーぱーじんたい)について解説です。
    図にするとこんな感じ(笑)




    クーパー靭帯とは、乳腺と筋肉や皮膚を繋ぐコラーゲン組織の束。

    つまり、おっぱいを支えるケーブル的な役割を果たしてくれているのです。
    このクーパー靭帯には、ある程度伸縮性はあるものの、ランニングなどで
    ちゃんと支えられずに、揺れ散らかしたりすると・・・


    はてにゃんはてにゃん

    伸びたり、切れたりしてしまうんです!

    カトレアカトレア

    しかも!!!一度伸びたり、切れたりすると元には戻らないのです!!!!




    クーパー靭帯が切れてしまうと・・
    寄せて上げるを対義語で表すことになります。。恐ろしくて書けない(笑)


    ツンと上向きロケットおっぱいは、たちまち急降下してしまいます(恐)
    絶対に、避けたいですよね!!!!





    スポーツ用の下着は、その辺りを考慮して作られているので
    しっかりとバストをホールドして、揺れずにサポートしてくれる機能があります。


    はてにゃんはてにゃん

    これからは、ランニングの時はスポーツ用の高機能下着なら安心♪




    と言いたいところですが、これも個人差があるので
    スポーツ用のブラを装着しても尚、ズレたり擦れたりしてしまうこともあるのです・・


    次はそんな事態に備えて、対処法を見ていきましょう♪



    スポーツ用のブラを着用しても、擦れてしまう時の対処法

    皆さん、それぞれ対処法があるようですが代表的な対応策としては・・

  • ブラの下にアンダーを着用する
  • スポーツブラをワンサイズ小さめを着る。
  • スポーツブラを二枚重ねで着る
  • ワセリンをぬる
  • ブラの下にテーピング
  • バンドエイドを貼る
  • ハンカチをはさむ


  • どの方法がベストなのかは、個人差があるので実際試さないと何とも言えないですが
    私のおすすめは、ブラの下にアンダーを着用するです。


    普段と順番が逆になりますが、下着の下にアンダーシャツです(笑)
    私の周りのランナーさんに人気なのは、ファイントラックです^^


    優れた耐久撥水性を備え、肌に直接着用することで、濡れを肌から離すドライレイヤーです。
    たとえ吸汗速乾ウエアが汗や雨でずぶ濡れになったとしても、ドライレイヤーを着用していることで肌が濡れ続けることを防ぎ、低体温症などのリスクを大幅に軽減します。

    スキンメッシュは適度な保温力と汗抜けスピードのバランスに優れ、季節を選ばず、初めてのドライレイヤーとしても使いやすいオールラウンドタイプです。どんな登山シーンにも対応する高い汎用性が特長です。販売サイトより抜粋



    濡れを肌から離すドライレイヤーなので、ブラの下に着用することで
    汗などで肌が濡れるのを防止してくれます^^♪


    ちなみに、私が愛用しているのは同じような機能でメーカー違いの

    オンヨネ レディースブレステックPP ノースリーブ ブラックです。


    汗をかいても、素肌はさらっとしています。
    でもTシャツは、びしょびしょという不思議な感じ(笑)


    これを着て、スポーツブラを付けてランニングTシャツを着るという感じです。
    素肌はサラサラ、でもブラもTシャツも汗だくという不思議現象ですが
    肌がさらっとしていて濡れた感じがないので、快適です。


    私の場合は、これで擦れたりズレたりすることもありません。
    擦れて痛い思いに悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてください^^

    それでは、今回のまとめです♪

    まとめ

    スポーツ用の下着の特徴としては・・

  • 伸縮性があって動きやすい
  • 揺れない、ズレない
  • 吸水性、速乾性がたかくムレナイ
  • シルエットがでにくい
  • 見えても、エロチックじゃない(笑)
  • クーパー靭帯の保護


  • このように、運動に適した作りになっているのです(^^)/
    クーパー靭帯の保護、とありますが・・・

    クーパー靭帯とは、乳腺と筋肉や皮膚を繋ぐコラーゲン組織の束。



    つまり、おっぱいを支えるケーブル的な役割を果たしてくれているのです。
    このクーパー靭帯には、ある程度伸縮性はあるものの、ランニングなどで
    ちゃんと支えられずに、揺れ散らかしたりすると・・・伸びたり切れたりしてしまいます!!!!


    クーパー靭帯が切れてしまうと・・
    寄せて上げるを対義語で表すことになります
    スポーツ用の下着は、その辺りを考慮して作られているので
    しっかりとバストをホールドして、揺れずにサポートしてくれる機能があります。


    駄菓子菓子!スポーツ用のブラでも擦れてしまう人も多く、そんな場合の対処法としては

  • ブラの下にアンダーを着用する
  • スポーツブラをワンサイズ小さめを着る。
  • スポーツブラを二枚重ねで着る
  • ワセリンをぬる
  • ブラの下にテーピング
  • バンドエイドを貼る
  • ハンカチをはさむ


  • どの方法がベストなのかは、個人差があるので実際試さないと何とも言えないですが
    私のおすすめは、ブラの下にアンダーを着用するです。


    普段と順番が逆になりますが、下着の下にアンダーシャツです(笑)


    大きい人も、小さい人もいて(笑)
    お悩みも、対処法も様々ですが、快適にランニングする為にかかせない下着事情!
    少しでも参考になれば、幸いです(^^)/



    コメントを残す