おはようございます♪ 月イチ旅ランナー、走食系女子カトレアです♪『指先で未来を変える』をコンセプトに、RUN情報を中心に不定期配信しています(*^^)v


今年は、トレイルにも積極的に参戦予定!ということで先週に引き続き、二週連続のトレイルレースに出走してきました^^♪ 


今回のレースは三重県の大紀町シーサイドトレイルです^^♪ 山から見える海を楽しめる絶景のレース!前回も海が見えて景色は抜群でしたが、ショートクラスで13kmでの出走でした。今回は、なんと!ロングクラスで23kmです!!


アップダウンが激しく、累積標高差はなんと1800m越え!登って下って、砂浜を走って、また登る・・無事に走り切ることができましたが、さすがに疲れましたね;


今回は真冬なのに見た目は南国!トレイルなのに砂浜も走れる!そんな絶景トレイルレース【大紀町シーサイドトレイル】をレポしていきます♪



見た目は南国「トロピカルガーデン」を9時にスタート♪



大会名 大紀町シーサイドトレイル
開催日 2020年2月1日(土)
募集定員
  • ロング 23km/600名
  • ショート 14km/300名
  • キッズ小学生 1.7km/200名


  • レース開催は日曜日が殆どなのですが、大紀町シーサイドトレイルは土曜日開催です!当日受付でもOKなので、金曜日の仕事終わりに出発しました。





    とても良いお天気だったのですが、風が強くて寒かったです(‘Д’)受付を済ませたら、出走時間までは暖房のきいた暖かい部屋で待機できるので助かりました!9時スタートですが、8:30からブリーフィング(事前説明)があるのでコースの厳しさを教えてもらうことができます(笑)





    大会HPでは累積標高差は1700mとなっていましたが、昨日正式に測ったら1800mを越えていたという説明がありました( ゚Д゚) どうなることやら・・ブリーフィングの後は神主さんの祈祷があって、いよいよレーススタートです!





    海のすぐすぐそばがスタート・ゴール会場で、椰子の木がたくさん生えていて見た目は南国そのものです(笑) 最初の1km程はロードを走って、山に向かいます。

    山に入る前に、いきなり大渋滞!




    ロードコースを走り終えると、階段を登って登山口へ。山に入る階段があるのですが、そこで大渋滞。走るどころか歩くことも出来ない程混みあってしまい、完全にストップしてしまいました;





    記録を狙う人は、スタートした瞬間ぶっ飛ばさないと渋滞にハマると身動きが取れなくなります。制限時間は7時間30分とたっぷりあるので、私は6時間切りを目標にしてのんびりと休憩しながら階段を登ります(笑)





    どこまでも続くランナーの列。これから始まる厳しい登りに備えて、英気を養います。山に入ると最初の5km程はひたすら登ることになるので、渋滞は周りに皆が居て差がつかないので安心感(笑)





    なかなか列が進まず、山に入っていく事が出来ません。今はたくさんの人達と一緒ですが、そのうち差がついていくんだろうな・・・。今のうちにコースの確認です。





    最初のピークポイントは、姫越山(ひめごやま)標高:503m。山頂まではひたすら登って、しばらく下ります。最大のピークが最初にやってくるので、ここで足を使い切らないようにしないと!





    そうこうしているうちに、やっとトレイルに突入!



    さー、トレイル始まるよ!!




    やっとトレイルに入ることが出来ました^^といっても、まだまだ渋滞は続いています。ゆっくりゆっくり前の人に続いて登っていきます。





    普通に山登りしている感じ。こんなに混んでいる山は富士山のご来光を見に行ったとき以来(笑) 





    傾斜はドギツイのですが、ゆっくりしか進めないのでまだ余裕です。道が狭いので立ち止まったり、ペースを乱すと後方に迷惑がかかりそうなので前の人に後れを取らないようについていきます。





    木々の隙間から海が見えます^^青い海・青い空・白い雲!登りで一気に暑くなってきたので、もはや夏です(笑)





    ようやく渋滞も終了して、ペースもバラけてきました。でもキツイ登りなので走れません;自分のペースで立ち止まることなく進むのみ!抜かしたり、抜かされたり・・みんな其々のペースで息粗く登っていきます。





    前の人が見えなくならないように、後ろの人に抜かされないように・・もう必死です。走れそうなゾーンを見つけたら、ここぞとばかりに走りますが・・・すぐに走れなくなるキツイ登り。トップ選手はこんなキツイ登りも走っちゃうんでしょうね。





    ちょっとでも緩やかになれば走ります。渋滞でかなり時間をロスしているので、必死です。はやく下りにならないかなー!まだ20km以上あると思うと、先が思いやられます。

    姫越山(ひめごやま)標高:503mからの絶景




    登って登って、ひたすら登る。もうずっとヒーハー言ってます;やっと登り切ると、そこには絶景が広がっていました(´艸`*)





    山・海・雲・太陽!最高やないか!ここの景色が一番だという看板があったので、しっかり撮影します。どうやらここが一つ目のピーク、姫越山(ひめごやま)標高:503mの山頂のようです。





    めっちゃ綺麗!たくさんのランナーさん達が立ち止まって景色に見入っています^^ドギツイ傾斜を頑張って登ってきた甲斐があります!





    ここまででたぶん5km弱くらいかな?まだまだ先は長いですが、ひとまず登りは終わって次からは第一エイドまでしばらく下りが続きます! ということで、写真を撮る暇もなく一気に下ってタイムを稼ぐよ!

    唯一のエイド・第一関門9.8km地点到着!




    ずっと歩く事しかできなかったので、下りはひたすら走ります。ここでタイムを稼いでおかないと、まだまだ登りがあるのです。エイドは9.8kmに一ヶ所だけ、ここは関門にもなっていて制限時間は12時でした。





    11時到着を目標にしていましたが、ギリギリ間に合いました!ポテチやクッキー、温かいスープやコーラなど一気にエネルギー補給します。トイレが渋滞で少しタイムロスしましたが、しっかり充電できました^^





    次に目指すのは、座佐浜です。大紀町シーサイドトレイルはトレイルレースなのに、砂浜を走ることが出来るんです^^





    砂浜を走るという事は、せっかく山頂まで登ったのに完全に地底に戻るということです(笑) つまり再びドギツイ登りが待っているということになるのですが、とにかく進むしかないのです!



    砂浜というより砂利浜!座佐浜




    山を抜けると、目の前に水辺が現れました!太陽の光に照らされてキラキラ☆透き通った綺麗な水にドボンしたい衝動に駆られますが、まだ2月なので辞めておきます(笑)





    ビーチに出ると聞いていましたが、砂浜というより砂利浜です。細かい石がゴロゴロしてて、ベタ道なのに走れません・・みんな歩いてましたね。





    海が見えてきた!絶景すぎて悶絶!なんて贅沢なコース!だがしかし、それだけアップダウンがハードだという事でもあります。





    皆が歩いていると、なんとなく安心して歩けますね(笑) とっても歩きにくいのですが、景色は最高です!





    しばしの海辺を堪能した後は・・再び山に入っていきます。また登りがはじまる・・





    登る前に持参していたチョコバーでエネルギー補給。倒木の橋を慎重にわたって、トレイルに入ります。





    次のピークは座佐の高(ざさのたか)標高:429mです!せっかく登ったけど下り切って、また429m登るのか・・・(遠い目)

    第二ピークは、座佐の高(ざさのたか)標高:429m




    トレイルに入ると、いきなりキツイ登りです;すっかり整った心拍数も一気に急上昇!





    ここでも、ちょっと渋滞。どうせ走れないので、ゆっくり前の人にくらいついていきます。





    次のピークまで辿り着いて、ようやく15km地点です。まだまだ先は長いな・・ショートにしておけばよかったと悔やみながら、息粗くひたすら登ります。





    走れる場所でタイムを稼ぐしかないので、登りで歩いている間に写真を撮ります(笑) 飲料はペットボトル2本分準備していましたが、ちょうどいいくらいでした。1本じゃ絶対足りなかったな。





    だんだん疲れてきて、写真も減ってきます(笑) ひたすら登り続けて、ようやく第二のピークポイントに到着!





    やっと15kmです!レースは23kmなので、まだ後8kmもあるという現実;先週のレースは13kmだったので、すでにゴールしてますね・・


    せっかく再び登って来たけれど、またビーチまで下りていきます。去年とコース変更して、好評だったビーチを2回に増やしたそうです。いや、一回で充分ですよ(笑)

    九十九折を下って、再び砂利浜へ




    下りが始まるので、またガツガツ走ります!足を踏み外すと、逝ってしまいそうな九十九折を下ります。写真とか撮ってる余裕はなし。下りで1回滑って尻餅をつき、その後木の根に足を引っかけて豪快にコケました(*’▽’)





    また海が見えてきた!日も高くなって、日差しは暖かいけれど風が強いです。歩くとすぐ冷えるので、寒かったり暑かったり。





    ここも砂浜風の石浜です。またここでも、栄養補給。私はジェルとかが苦手なので、コンビニで買ったチョコバーとか小分けされたお菓子を持参しています。





    海が綺麗^^登りでも下りでもない平坦な浜だけど、中途半端なサイズの石がゴロゴロしているので歩きます。海から見上げる山も、山から見下ろす海も最高ですね。





    浜辺をしばらく歩いて、再び登りです・・。次の登りは一旦偽ピークがあってその後は、急登なので気を付けて!とスタッフさんが教えてくれました。ストックを持っている人は、しまって両手は開けといた方がいいとアドバイスも。ひえー(‘Д’)





    最後に200m程登って、後は下ってゴール!と言い聞かせて挑みます!

    看板に偽りアリ!登りは最後じゃなかったよ!




    最後の登り!たったの150m!されど150mなのです・・山の距離表示は時間が読めないので、ロードの計算式は役には立ちませんね。





    急すぎて、手を使って登るような急登です。だから写真はあんまりないよ。これが最後の登りなんだと言い聞かせて、頑張って登り切りました!





    でも、最後とか嘘!次は階段を登ることになります。階段は登ってるうちに入らないの?!めっちゃ登ってるし!




    ピースとかして余裕ぶってるけどヘロヘロのカトレアさん。





    登りの後に続く、登り階段の後にまたやってくる登り階段。一体何が最後だったんだか・・・でもねー!ゴールが近づいてきてるよ!もう希望はそれだけ。





    ゴール地点のトロピカルガーデンが、木々の隙間から見えてきました!見えるという事は近いように思えるけど、疲れ切った体にはとても遠いのです。

    最後の気力で、海沿いを走ってフィニーーーッシュ!!!!!!




    まだ登る・・結局今回は3回コケました(笑) ゴールが近くなって、一旦手袋をしまったのですが・・最後にも危なっかしい箇所があって、結局また手袋装着。





    いよいよ山を下ります。最後は下りの階段!人工的なコンクリートの階段を下ります。疲れた足にコンクリートを下るのは負担が半端ないなー。ゴールする人の名前を呼ぶMCさんの声も聞こえてきました。





    階段を下ってもすぐゴール出来る訳ではなく、ぐるっとロードを走らねばなりません。コンクリ固いな。やっぱり山は足に優しいね。





    あと少し!あとちょっと!トレイルシューズが重い!山を下りると、体感重量7kgに感じました(笑)





    逆光の中、ゴールアーチが近づいてきました!知り合いがエイドにもゴールにもいてくれて、とっても励みになりました^^ 見守られながら、ゴールアーチをくぐります!





    ロードの23kmとは、全然違う長さですね。目標タイムは途中で上方修正して5時間30分だったのですが、15分オーバーしてしまいましたが・・・





    無事に、フィニーーーッシュ!!!!!! 疲れたー!!でも、やっぱりこの瞬間は感動です!走ってよかったなと血迷った事を毎回思ってしまいます(笑)

    まとめ




    ゴールの後は、あおさ汁とお握りの振る舞いがあるはずでしたが・・・すでに、無くなっていました;出走人数がわかっていながら人数分のおにぎりを握っていないなんて確信犯ですよね!予算の都合なのでしょうか・・悲しい限りです。しかたなく、有料のチョコレートドリンクを買って温まりました。





    渋滞したり、最後といいつつ全然登っていたりしましたが(笑) なんといっても景色は抜群でしたね!登りがキツイ分、下りは気持ちよく走れて楽しかったです♪ 





    また出たいか?と聞かれたら「一回で充分、ごちそう様です!」という感じでしたが、一回は出ておくべき絶景でした! タイムは6時間切っていましたが、それでも食べ物はなくなっていたので5時間くらいで帰ってこられない人は終了後の食べ物も用意しておきましょう(笑)





    真冬だけど、見た目は南国!山あり海ありのアップダウンの激しいコースですが、ロードにはない楽しさや心地よさがあります(´艸`*) 次のレースはロードですが、4月にはまたトレイルレースを入れているので事は山にも力を入れて行こうと思います^^




    今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました(´艸`*)