Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


いよいよ明日はマラソン大会!
そんな時、前日は不安と楽しみが入り混じった
複雑な気持ちで過ごす人は多いのではないでしょうか?


しっかりと練習を重ねて準備万端の人も、練習不足で悔いの残る人も(←私ですw)
泣いても笑っても、明日はやってきます。


はてにゃんはてにゃん

最後に練習はするべきなのか?


カトレアカトレア

身体を休めるべきなのか?


今回は、気になる前日の過ごし方について見ていきましょう♪



マラソン大会前日に練習はした方がいいの?

結論としては走りましょう(^^)/


前日走ることによって身体が臨戦態勢になります!
但し、疲れが残るような練習はご法度デス!!


では大切なレースに備え、どの程度の練習をすべきなのかをお伝えしていきます^^


マラソン大会といっても、本命の大会前に
練習がてら出走してみるというパターンもあると思います。

そういった場合は、特に普段と変わらずにその週のトレーニングペースに合わせて通常通りに走る、または休足すればOKです。

本命レース前日は?

初めてのレース、本命のレース、または記録を目指してるのであれば
前日は練習距離は少なめにして、翌日に疲れを持ち越さない程度にしましょう!


例えば・・・

はてにゃんはてにゃん

本番を意識したペースで1キロだけ走る

カトレアカトレア

ペースを抑えて体を温める程度に1~2キロ走り、最後の数百メートルで速度をあげる

など、距離は控えつつも筋肉に刺激を与えて
身体を臨戦態勢にして終えるような練習がベストです。

そして身体だけでなく『よし、これで明日は大丈夫!』というように
脳内も気持ちよくポジティブなイメージで終えることがポイントです!

また当日にアップを行う場合も、靴紐を調整しながら身体を温める程度で十分です。


では次に、前日の夕食についても見ていきましょう♪



マラソン大会前日の夕食

マラソンレースの数日前からカーボ(炭水化物)を積極的にとる「カーボローディング」をされる方もいらっしゃいます。

炭水化物にはグリコーゲンといわれる栄養素が含まれていて、このグリコーゲンがマラソンを走る時のエネルギーになります。
3日くらい前から前日にかけては炭水化物をいっぱい食べて、グリコーゲンを身体に蓄えておくといいでしょう^^


特に初心者の方は、マラソンで本当にエネルギー不足が起こりやすいです。炭水化物はしっかりと取りましょう♪


ご飯はもちろんですが、パスタ、パン、うどん、お餅などでもOKなので
コンビニでも簡単に手に入るし、食べに行っても必ずあります^^自宅からでない遠征レースの時でも安心ですね。


注意点としては前日から当日については、こってり系は消化が遅いので避けた方が無難です。
なるべく、消化が良くて脂っこくないお肉やお魚がおススメです。

当日の朝御飯については、別記事にしていますので
ぜひこちらもご覧ください!(^^)!→マラソン大会当日の朝食は何食べる?私の究極のこだわり!


では次に前日の睡眠や過ごし方についてみていきましょう♪

マラソン大会前日の睡眠について

できれば6時間は睡眠をとりたいところです。
睡眠は1.5の倍数時間取るといいといわれていますが

カトレアカトレア

マラソン大会当日は、スタートの4-5時間前には起床して
朝御飯や準備などをしっかり済ませたいです。

移動距離などによっては、もっと早く起きる必要がある場合もあります。

起床時間から逆算して、6時間以上前には寝る体制を整えるようにしましょう。


普段はそんな時間に寝ないので眠れないという人は、1週間くらい前から本番の起床時間に合わせて生活すると自然と夜も早めに寝付けるようになるし、身体のリズムも整うのでお勧めです^^


はてにゃんはてにゃん

前日は緊張して眠れない!

そんな人もいますよね。私も初めてのレースの時はそうでした^^


次は眠れない場合の夜の過ごし方についてお伝えしていきます^^

マラソン大会前日、眠れない場合の過ごし方

  • 明日はマラソン大会なのに、緊張で眠れない!
  • ホテルに泊まったら枕が変わって眠れない!
  • こんな日に限って残業で寝る時間があまりない!


  • など、前日に思うように眠れない場合も・・(*_*)


    横になるだけで十分に休養は取れるので大丈夫です!
    眠れないという人は意外に多いです(笑)自分だけだ焦らずに、リラックスして過ごしましょう♪


    眠れないからと、起き上がって過ごすのはNGです。スマホも厳禁!
    目を閉じて身体だけでもしっかりと休ませてください^^

    眠りの妨げになるカフェインも、前日はあらかじめ控えておくといいでしょう。


    珈琲中毒の私は、前日の昼以降はノンカフェインに切り替えています♪
    当日の朝も、カフェインは利尿作用があってトイレが近くなるのであまりお勧めはできません・・・



    では、今回のまとめです♪

    まとめ

    前日は、練習距離は少なめにして翌日に疲れを持ち越さない程度にしましょう!


    距離は控えつつも筋肉に刺激を与えて、身体を臨戦態勢にして終えるような練習がベストです。


    そして、身体だけでなく『よし、これで明日は大丈夫!』というように脳内も気持ちよく、ポジティブなイメージで終えることがポイントです!


    また当日にアップを行う場合も、靴紐を調整しながら身体を温める程度で十分です。

    前日の夕食については
    ご飯、パスタ、パン、うどん、お餅などの炭水化物をしっかりとって
    当日のエネルギーになるグリコーゲンを蓄えましょう。


    夕食後はリラックスしてすごし、なるべく早めに就寝しましょう。
    起床時間から逆算して、6時間以上は眠れるようにベッドイン!


    眠れなくても、目を閉じて横になり寝る姿勢で身体をゆっくり休めましょう。
    横になるだけで十分に休養は取れるので大丈夫!眠れなくても何とかなるものです(笑)


    いかがでしたが?
    ゴールするまでは何かと気を抜けないマラソン大会ですが、遠足前の子供に戻ったつもりで(笑)
    前日の不安やドキドキさえも楽しみましょう^^



    コメントを残す