Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


いよいよ明日はマラソン大会!そんな時、前日は不安と楽しみが入り混じった複雑な気持ちで過ごす人は多いのではないでしょうか?


しっかりと練習を重ねて準備万端の人も、練習不足で悔いの残る人も(←私ですw)泣いても笑っても、明日はやってきます。


はてにゃんはてにゃん

最後に練習はするべきなのか?


カトレアカトレア

身体を休めるべきなのか?


今回は、気になるマラソン大会前日の過ごし方について見ていきましょう♪



マラソン大会前日に練習はした方がいいの?




結論は・・・走りましょう(^^)/


カトレアカトレア

前日走ることによって、身体が臨戦態勢になります!


はてにゃんはてにゃん

但し、疲れが残るような練習はご法度デス!!


では大切なレースに備え、どの程度の練習をすべきなのかをお伝えしていきます^^


マラソン大会といっても、『本命の大会前に練習として、出走してみる』というパターンもあると思います。





そういった場合は、特に普段と変わらずにその週のトレーニングペースに合わせて通常通りに走る、または休足すればOKです。

本命レース前日は?



  • 初めてのレース
  • 本命のレース
  • 記録を目指しているレース


  • こういった場合は、レース前日は練習距離は少なめにして、翌日に疲れを持ち越さない程度にしましょう!


    例えば・・・


    はてにゃんはてにゃん

    本番を意識したペースで1キロだけ走る


    カトレアカトレア

    ペースを抑えて体を温める程度に1~2キロ走り、最後の数百メートルで速度をあげる


    など、距離は控えつつも筋肉に刺激を与えて身体を臨戦態勢にして終えるような練習がベストです(^^)/


    そして身体だけでなく『よし、これで明日は大丈夫!』というように脳内も気持ちよくポジティブなイメージで終えることがポイントです!





    また当日にアップを行う場合も、靴紐を調整しながら身体を温める程度で十分です!では次に、前日の夕食についても見ていきましょう♪



    マラソン大会前日の夕食




    マラソンレースの数日前から、カーボ(炭水化物)を積極的にとる「カーボローディング」をされる方も多いですよね!


    炭水化物にはグリコーゲンといわれる栄養素が含まれていて、このグリコーゲンがマラソンを走る時のエネルギーになります。


    カトレアカトレア

    3日くらい前から前日にかけては炭水化物をいっぱい食べて、グリコーゲンを身体に蓄えておくといいでしょう^^