Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


今月も、RUN旅に行ってまいりました(´艸`*) 今回はちょっと遠出して2泊3日で北海道です!→【What’s In My Bag?】2泊3日の国内RUN旅の持ち物♪*夏の北海道編*


2018年8月5日に開催されたフルーツ&ワインマラニックin北海道 余市郡仁木町に出陣(^^)/

30kmのマラニックみたいなゆるーいレースだと思っていたら、完走証もチップもない完全なマラニックだということを当日のスタート前に知りました(笑) 


そんなトラブルもありましたが、仮装+ルナサンダルデビューも果たしいつもとは違う楽しみ方も出来ましたので今回はレース(ではないけど)レポをお届けしたいと思います^^♪



フルーツ&ワインマラニック概要



開催日: 2018年8月5日(日)
開催場所: 北海道余市郡仁木町
参加資格:[30Kワインの部/7000円]健康保険所の提出が必要(途中とゴールの4カ所でワインの試食可)
[30Kノンアルの部/7000円]ゴール後のみ試飲可
[10K成人男女/3000円]ワインの試飲可 


2019年日本版メドックマラソンの開催を目指して!!
[30kmコース]風光明媚な仁木町のさくらんぼ山やワイナリーを巡りながら、「果物とワイナリーの町」の魅力溢れるコースを巡って頂きます。
[10km]さくらんぼの果樹園を抜けて余市川の辺りを経て無人駅の然別駅へ、紫陽花が咲き誇る「こぶし」で癒された後は、美しいぶどう畑が広がるニキビレッジを堪能して頂きます。ワイン試飲、さくらんぼ狩の体験あり。



スタートは9時30分。スタート地点の仁木町役場までは、JR函館本線で小樽駅から30分程です。

はてにゃんはてにゃん

一時間に一本しかない線なので、時刻表チェックはマストです!!


カトレアカトレア

小樽以降は交通系ICカードが使えないので、必ず切符を買って乗りましょう!


ほんの数駅だけど、駅から駅の感覚が長くて北海道はデッカイドウという感じです(笑) 2両編成のワンマン電車で、1両目はクーラーがありません。ランナーさんだらけなので、早くから並ばないと座れません。





実は・・・前日に飲んだRUN友さんと3人で参加予定でしたが・・二日酔いで、まさかのDNSが一名(笑) ということで2人で会場に向かいました。

カトレアカトレア

酒と女は二号までにしましょうね・・(笑)

フルーツ&ワインマラニック衝撃のスタート



この日の気温は・・


はてにゃんはてにゃん

最高気温が26°


カトレアカトレア

最低気温は17°


40度近い危険な気温の関西に比べると、とても快適な温度です。湿度も少なく日向は暑いけど、日陰に入るととても涼しくて走るにはぴったり(^^)/


私は、ノンアルコールの部30Kmに出走。スタート前に開会式があって、スタート前にノンアルとアルコールで別の場所に分かれます。RUN友さんはアルコールの部だったので、スタート地点でお別れ。ここで、衝撃の事実が発表されます・・・





ガイドさんが3名。マラニックとはマラソン+ピクニックの合わさった造語であり、これはレースではない旨が告げられます。皆一緒に最後まで走るっぽい・・・


そんなことは、エントリー時に明記されていなかったような・・・メドック目指すとか一体どの口が言ってたのでしょうか??知らなかった人も多く、15時30までというのは、制限時間でなく皆でゴールする時間のことだったのです!帰りの飛行機に間に合わないって言いだす人まで出る始末・・・


自由をこよなく愛する私は、自由に自分のペースで走る気満々だったのでルナサンダル履いて、浴衣できています(笑) 





浴衣にサンダルという出で立ちの私に、足は痛くないのかとか、暑くないのかなど皆が憐みに近い言葉をかけてきます(笑) ちなみに応援も一切いないので、完全なる自己満足システム!


スタート地点でマイナスポイントだらけ、走りだしても皆のペースに合わせてゾロゾロなので2キロくらいで飽きてきました(笑)



フルーツや(ノンアル)ワインのエイドで水分補給




スタート前にプラカップを渡され、これをマイコップとしてエイドでの給水に使用します。取れたての(洗ってない)トマトやワイナリーを巡りながら、バスツアーのジョグ版と言う感じでエイドを回っていきます。





後で聞いたら、アルコールの部の人とはコースの順番が違っていたようで集団なので混雑を避ける為だと思われます。





総勢50名でゾロゾロ。知らない人と、微妙な会話を楽しみながら進んでいきます。途中で先導ガイドさんに集合写真を撮られたり、道を間違えられたりしながら進みます。





ワイナリーにも、4ヵ所くらい行きました。ノンアルの部はノンアルコールワイン、いわゆるぶどうジュースってやつが振舞われます。





山奥にあるワイナリーもあって、ほんのりトレイルコースだったりもします。ワインは購入できてゴールまで届けてもらえます。まるでバスツアーのジョグ版ですね(二回目)





トマト・ブルーベリー・プラムなどの、お腹がいっぱいにならないフルーツをたくさん頂くことができます。ぶどうジュースにフルーツに・・ビタミンたっぷりですね!

メインイベントの一つ、さくらんぼ狩り




30kmコース一番の難所?であるさくらんぼ山を登って、さくらんぼ狩りも出来ます。手前のブルーベリーエイドあたりで時間が押しているとガイドさんが言い出し、この辺りから集団のペースが乱れ始めます(笑) 





早い者勝ちでさくらんぼトラクターに乗って(遅い人は自力)山奥へサクランボを採りに。10分間の猶予が与えられます。





トマト・ブルーベリー・プラムに加えてサクランボ(^^)/ ・・私のお腹は一向に満たされる気配がありません。 時間調整している割には、お昼時になってもまともなエイドは出て来ないので。腹時計がうるさいです(笑)



やっとありつけたお腹を満たしてくれるエイド




サクランボで水分補給したところで、酒に溺れてDNSしたRUN友さんが廃者復活! 本当はアルコールの部だったようですが、迎え酒せずお酒に懲りてノンアル部隊に合流しました(笑)





ようやく話し相手が出来たところで、集団がいつの間にか個別に変わっています。時間が押しているので、遅れても待ってくれなくなりました。スタート前には絶対に見捨てませんからと言っていたのですが、約束をあっさり破ってほっていかれてます(笑)





やっとまともなエイド!穀物はお腹が満たされます。 最初は迷子にならないように、先頭集団に交じっていた私も廃者復活により一人ではないという勇気を手に入れて歩きだしました(笑)





コーンで小腹を満たしましたが、その後ようやくメインエイド! ソーメンを頂くことが出来ました!万歳!





こちらのエイドでは、アルコール部隊とも合流して結構な人数で休憩します。一面に紫陽花が咲いていて綺麗でした! こぶしというお店の大将と女将さんが、2株から手植えで20年かけて増やしたそうです。





紫陽花というと本州では梅雨時期の花になりますが、北海道では夏の花になるのだそうです。今年はこれで3度目の紫陽花!なんだか縁があります(^^)/ 





私達のノンアル部隊もいたのですが、出発時に声をかけてくれるとかもなくいつの間にかいなくなってました(笑) 最後の一人まで見捨てませんから、安心してください!って言ってたよね? この後、ゴールは間近なんですが・・・コース案内も案内人もいなくて、下に降りる箇所を登ってしまいまさかのロスト!

集団行動のハズが、見捨てられて山奥でロスト




ノンアル部隊にいたおっちゃんおばちゃん(おばちゃんの仮装をしたおっちゃんw)が前にいたので着いていったら・・・しばらくして道が間違っていることが発覚(笑) 2キロ近く進んでいましたが、引き返しました。





余分に走る羽目になりましたが、なんとかゴール! 完走証もなく、ただゴールしたぞ!という満足感だけです。ゴール後はノンアル部隊もアルコールOKです。





白ワイン・ジェラート・生ビールが貰えます^^♪ BBQチケットもあったのですが、焼いた後のフライパンの残骸のみでした。 スタート地点までシャトルバスが出ますが、歩いて帰ることを推奨されます。いややん、遠いやんということで乗車。





所々でラベンダーが自生していて、北海道ならではですね。バスでスタート地点まで帰って、また電車に。一時間に一本しかないので、逃さないように要チェケラ!





参加証はワイン色のTシャツ・謎の虫よけ・馬湯・ソイジョイ(バナナ味)・リンゴジャムでした。

まとめ

今回の大会は、口コミをみてもボロカス書かれてます(*_*) みんな同じような事を思ったんだなと言う所感です(笑)





日本版メドックとか、マラソン大会風を装わずに告知していれば・・


はてにゃんはてにゃん

ここまでの期待外れ感は、なかったんじゃないかなと思います。


カトレアカトレア

不当景品類及び不当表示防止法に抵触しかねません


そして、最初は集団を強要しておきながら時間が押したら放置プレイという・・・ないわ、これはアカンわ(笑)





今回は、いつになく辛口レポになってしまいましたが・・・


はてにゃんはてにゃん

気温が低ければ浴衣でも全然大丈夫だし、着崩れもない


カトレアカトレア

ルナサンダル快適!全然いけるやん!


ということが、実証されたので良かったです^^♪ 北海道は大好きなので、日本版メドック以外のレースでぜひまた来ます♪





大会はイマイチでもカロリーを消費できたし、たっぷり観光&食べ散らかしてRUN旅を満喫したので次回は観光編をお届けしたいと思います。


今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました(´艸`*)