Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


カトレアカトレア

ども!らんちゃんねるです。


はてにゃんはてにゃん

まぁ、うちらも頑張っていかなあかんなーゆーてますけどもー


9月の三連休を利用して、第一回宝浪漫マラソンに出走してきました! 今回も、しつこくRUN旅の観光編となります。 



レースの翌日は、合掌造りの集落巡りをしながら白山白川郷ホワイトロードをドライブして帰ってきました♪ ドライブして温泉にでも入って。。。のつもりが、まさかの混浴露天野湯を初体験することになりました(´艸`*) 産まれたままの姿を大自然にさらし、滝を眺めながら地球と一体化・・・これが、人間の本来あるべき姿なんだと確信できました(笑)


由美かおる並みのお色気シーンが登場するとか、しないとか。 そんな今回は、RUN旅三部作・最終編となります!



富山県の南西端にある合掌造り集落




合掌造りといえば、岐阜県の白川郷が有名ですが・・富山県にも合掌造り集落はたくさんあるんです^^♪ 富山県の南西端にある南砺市には、菅沼合掌造り集落があります。1995年12月に岐阜県白川郷、五箇山相倉とともにユネスコの世界文化遺産に登録されたんだそうです。





菅沼合掌造り集落を含め、二ヵ所を回りました。のどかな風景は昔にタイムスリップしたみたいです! お散歩したりお土産屋さんを見て回ったりして、ゆったりとした時間を過ごしました。今年初のコスモスも発見!秋がきたな~って感じがします。


観光地としては、やっぱり白川郷がダントツで賑わってますが静かにゆったりと見て回れるのでコチラもなかなか乙なスポット! と、いいながらも帰りは白川郷方面に向かいます(笑) この辺りは地形が入りくんでいて、富山に入ったり岐阜に入ったり、また富山に入ったりと現在地が把握しにくいです(笑)

白山白川郷ホワイトロード




白川郷は天上界から見下ろすことにして(笑) 岐阜県の白川村から石川県へと続く33・3kmの大自然に包まれた林道『白山白川郷ホワイトロード』へ突入!珍しい原生林の樹海などを眺めながら走ることのできる山岳ドライブです♪

営業期間 :7時~18時(9月~11月は8時~17時)、雨量規制等あり
休業:11月11日~翌6月上旬、営業期間中は無休
所在地:〒501-5622  岐阜県大野郡白川村鳩谷~石川県石川郡尾口村
交通アクセス:東海北陸道荘川ICよりR158、R156経由、白川村方面へ50分
料金:普通車片道1600円、軽1400円、大型バス1万800円、マイクロバス4900円




料金所では、見どころMAPと絶景カフェのコーヒー無料券をくれます。MAPを見ながら立ち寄りスポットについて作戦会議。一里野温泉の割引券もくれますが、せっかくなのでホワイトロード内の新谷の湯・姥ヶ滝で入ることにします。


まずは、腹ごしらえできそうなスポットへ・・・




白川郷展望台・蓮如茶屋




標高1,200mの白川郷展望台駐車場の中にあるお食事処・蓮如茶屋さんへ。昔、蓮如上人が歩いた道筋にあることから名付けられた茶屋なんだそうです・・・。標高が高いだけに肌寒いくらいです。





食券を買って、カウンターに出すスタイル。メニューは選べる程なくウドンか蕎麦かみたいな感じです(笑)





私は蓮如蕎麦という山菜ののった暖かいお蕎麦にしました。有料区間内では、唯一の売店と食堂がある施設みたいなのでここを逃すとしばらくは食事にはありつけないのでご注意ください。





前日のレースでは晴れ散らかしていたんですが、この日は曇り・・ぜっかくの絶景も霞んでいます(笑)

絶景カフェでコーヒータイム




アチコチに展望台や駐車場があって、景色を眺めたり写真を撮ったりするビュースポットがあります^^♪  どこの場所だったかは忘れてしまったのですが; 神出鬼没の絶景カフェを発見! 移動式カフェなんですが、どこにいるかはお楽しみなんだそうです(笑)





一杯300円ですが、チラシを持参すると一杯分が無料になります。 他にも謎のTシャツや手作りの草鞋も売っていました! アイスとかハンバーガーとか売ったら絶対売れるのに・・という大きなお世話な話をしながらコーヒーで一息。





ホワイトロードを走っているだけでも、色んな景色が見られて楽しめます! ダイナミックな滝もあって、マイナスイオンが降り注ぎます! 滝だけでもたくさんあるので、見落とさないようにゆっくり走行した方が良いです^^ 3連休なのにめっちゃ空いていましたが、紅葉の時期などは大渋滞するようです。





山あり谷あり滝ありで・・・飽きることのないドライブコースです。 落ちたら死ぬなーという、走っていて怖い箇所もありますがそれもまた大自然の魅力! そして、ホワイトロードでの私の一番のおすすめスポットは・・・



姥ヶ滝の絶景を望む野湯「親谷の湯」




やっと、温泉の標木発見♪ ということでタオルと着替えを持って、山の中に入っていきます。





階段を下って、山道をくねくね・・こんな山深いところに温泉が?! 人は少ないですが、すれ違った数人の方は肩からタオルを下げていたのできっとこの先にお風呂はあるのでしょう。





とても美しい川も流れています。 底まで丸見えな透き通った水は、ほんとうに綺麗です!夏だったらドボンしたいくらい!





険しい道をどんどん進んで・・ようやく温泉に到着! 日本の滝百選にも選ばれた「姥ヶ滝」の目の前にあります。





お風呂は・・露天というか・・野湯というか・・丸見えというか・・・(笑)





脱衣スペースがありますが、衝立のあるタダの荷物置き場的な? ここには洗っていいのは心だけ!という石鹸使用禁止の注意書きや温泉の成分表などが張ってあります。


はてにゃんはてにゃん

カトレアファンの皆様・・お待たせいたしました!





カトレアカトレア

本邦初公開のお色気シーンです(笑)


サクッと産まれたままの姿になって、ちゃぽん(´艸`*) 飛沫を浴びる程の近さで、目の前に滝が流れています!





こんな大自然の絶景を目の前にして・・混浴だとか丸裸だとか、気にする方がナンセンス!スッポンポンのポンで人類皆兄弟なのです(笑) とはいえ、さすがに私に気を遣ってくださったのか・・先に入っていたおじさんは、私を見るなりそそくさとあがって行かれました(笑) 





私が入浴中は、幸いなことに誰も入ってきませんでした。 お風呂の上に足湯もあります。後で知ったのですが、足湯からだとこのお風呂は丸見えなんだとか・・・誰にも見られていませんように(笑)





温度もちょうど良くて、眺めがとにかくよいです! 料金も無料だし、サクッと脱いで漬かるだけ!なんですが・・混浴なのと、いつ誰がくるかわからないスリリングでミステリアスなお風呂なので、抵抗のある方は足湯の方にいきましょう(笑)


もう、ここは本当に最高でした!ホワイトロード内でダントツイチオシです(´艸`*)

まとめ




野湯も混浴も初めてでしたが、地球と一体化したようで・・また一つ大人になりました(笑) 40年も生きていますが、まだまだ初体験は残っているもんですね(^_-)-☆





ホワイトロードを出た後は、福井県経由で帰ってきました。 途中で通った、若狭小浜お魚センターで早めの夕飯(´艸`*) レースを含め、楽しく美味しい素敵な旅になりました♪♪   今回の旅レポは、3部作という大作になりましたが、これで終了となります(笑) 最後までお読みいただきありがとうございました(´艸`*)