マラソン大会レポ

第一回宝浪漫マラソン2018 大会レポ♪




Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v

今回は、久々のガチレースです! 夏のレースは小布施見にマラソンフルーツ&ワインマラニックなど、遊び要素の強いレースが多かったのですが、秋冬のマラソンシーズンに突入する手前にガッツリ走ろうとエントリーしたレースになります。

30kmと中途半端な距離ではありますが、普段はロング走なんてしないのでフルの練習には持って来い!しかも宝浪漫マラソン第一回という記念すべき初開催の大会なのです(´艸`*) 

今回は、そんな初大会のレースレポになります♪




宝浪漫マラソン大会概要


開催期間 2018年9月23日(日)
開催場所 石川県羽咋郡宝達志水町
開催エリア 宝達志水町総合運動公園
種目 30km、10km、2km、親子ペア(2km)、ウォーキング(3km)

私が出走したのは、メインとなる30kmの部となります。開催地が読みにくいですが(笑) 宝達志水町-ほうだつしみずちょう-と読みます! 大会ポスターや参加賞のTシャツに花の慶次の絵が描かれていたので、なんでかなと思ったら・・・


戦国武将2人がにやっと笑う石川県宝達志水町の初の観光PRポスターは、とにかく目をひく。2人は漫画「花の慶次-雲のかなたに-」主人公の前田慶次と、かつて同町にあった末森城の城主・奥村助右衛門。2005年の旧町合併で誕生した宝達志水町の知名度の低さを逆手にとり、町がポスターのモデルに「起用」した。

とのことでした(笑) たしかに知名度は低いですね・・宝達志水町はオムライスの街でもあるのですが・・・

カトレア
カトレア
正確には・・80年前に宝達志水町出身の青年が大阪で洋食店を開きオムライスを考案したのが始まりです
はてにゃん
はてにゃん
大阪発祥にせず、出身地に譲ったんだね(笑)



そんな宝達志水町ですが、コースの見どころは能登半島の最高峰、宝達山から美しい日本海の砂浜を駆け抜けるという贅沢な30kmです。

スタートは10時:制限時間は4時間半



今回は、ルナサンダルで参戦です♪ 当日は曇り予報でしたが、晴れ散らかしていてとても暑い一日となりました(*_*)



スタートは10時です。スピード順に看板ボーイがいて、その列に並びます。とりあえず6分/1kmの辺りに並んでスタートしました。



大会パンフレットには制限時間は5時間とあったのですが、実際は4時間半が正解でお詫びの訂正がありました(笑) 登りが結構きついので、降りと平地でタイムを稼ぐ作戦で出発しました!

能登半島の最高峰、宝達山



スタートから5kmまでは、登り気味ですが走れる程度のゆるやかさなので頑張って走りました。5km地点のタイムは28分。まずまずな感じです^^♪ 5km地点を過ぎると宝達山に突入です!



登り始めて、すぐにエイド! その前にも給水エイドはありましたが、おもてなし食はここからです。まずは、宝達葛湯。宝達くずには450年以上の歴史があるそうなのですが、現在のくず生産者は約6名しかいないようです。



どんどん、どんどん登ります!ひたすら登り。だんだん走れなくなって、歩く人も続出。



8.6kmでようやく折り返しです。山頂はもう少し上ですが、ここでも充分街を見渡せます(^^)/



やっと登りが終わりだー!ここからは、来た道を引き返すのでひたすら降りです。登りで歩いてロスしたタイムをここで取り返さねばなりません



折り返しエイドには、嬉しいオロナミンC!丸っと一本冷えた瓶で飲み干せます(^^)/



栄養補給したところで、だだーっと降ります! 12km地点あたりまでは、ひたすら降りなのでラクチンです。軽快に山を駆け下りると、次はトトロがお迎え!



結構大きなトトロがデーンとあって、中にも入れるみたいでした。この辺りからは平地で、田んぼが広がるのどかな道です。途中で通行止めにしたパイパスも走ることができます。これはなかなか貴重ですよね



登り降りしてきた分、平地は飽きます(笑) どこまでも続く田園風景・・日陰もなく暑いし・・なかなか辛いです。




オムてなしオムライスエイド!



歩いたり・・時々歩いたりしながら、関門も無事に突破していきます。次のお楽しみは、オムライスエイド! それまではずーーっと平坦な道をひたすら進んでいきます。


はてにゃん
はてにゃん
こーんな感じが続くのです!ね、飽きるでしょ?笑 

飽き飽きしながら走り続けていくとちょうど、ハーフマラソンを走り切った辺りにオムライスエイドがあります。 



さて、いよいよお楽しみのオムライス。 逆に大変じゃないの?というチビサイズですが、ちゃんと卵に巻かれていてその場でソースをかけてくれます。青梗菜のスープスウィーツもあって、しっかり食べられるポイントなので座ってたべました^^♪

日本で唯一、普通の車で走ることのできる砂浜「千里浜なぎさドライブウェイ」



その後も、平坦な道を走り続けます。エイドでは、イチジクもあります!そして26kmを過ぎると、今回のコースで私が一番楽しみにしていた海岸沿いのコースに突入です!



石川県の羽咋市(はくいし)千里浜町(ちりはままち)から羽咋郡宝達志水町(ほうだつしみずちょう)にわたる千里浜海岸を走ることができるのです!!!!

千里浜はせんりはまだと思ってましたが、後日ちりはまということが判明しました(笑) 石川県の地名はなにかと読み方が難しいです。



この浜は、日本で唯一車で走ることができる砂浜なんだそうです。海沿いすれすれを車でドライブできますが、この日はごめんなさい!ランナーが独占しています(笑)



踏みしめられた固い砂浜なので、走りやすいです。砂が靴に入る心配もなし!波の音や海の風がとても気持ちいいです!



結構長い砂浜なので、さすがに後半は飽きてきます(‘ω’) こんな素敵な道を飽きる程走れるなんて、どんだけ贅沢なんでしょう・・私の欲望や要求は品切れすることがありません(笑)




ゴールは3時間29分!順位は二桁という快挙!



砂浜を過ぎると、いよいよゴールです!ハーフでもフルでもない30kmは、なかなかペース配分が難しくてモチベーションの維持も難しかったです(笑)



タイムは目標通り3時間半切り達成。 と、いってもギリギリすぎますが(笑) 完走賞はルビーロマン(ぶどう)のケーキです。 完走証発行を待つ間にペロッと食べちゃいました。



完走証の発行が異様に遅くて、大行列の大渋滞。 第一回なので、ここまで気が回らなかったのでしょうか?これは、ちょっと残念ポイントでした!改善の余地ありですね。

まとめ



山あり海ありのコースは、走りごたえがあって楽しかったです^^♪ レースに出るだけで主要な観光スポットを回れる感じ!図らずも前日に全て廻ってしまっていたので、コースの下見も完璧な状態での参戦となりました(笑)



晴れ散らかしていたので暑かったのですが、その分絶景が楽しめました!エイドも充実していて、水分補給に困ることもなかったです^^♪ 

はてにゃん
はてにゃん
残念だったのは、完走証発行の大渋滞くらいで総合的にはとても良いレースでした!
カトレア
カトレア
第一回という貴重な大会に参加できてとても良かったです!



前後の観光も、食事も申し分なくって大充実の三連休になりました(´艸`*) 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(´艸`*)