Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


今回の大会レポは、当ブログ初の海外遠征編です(´艸`*)
日本だけでなく、世界にもマラソン大会はたくさんあります!


ホノルルマラソンのように、日本人率の高い有名大会だと情報も多いのですが
日本人の少ないレースだと、情報が少なかったりします。


台湾は日本からも行きやすく、台北マラソンは日本人にも人気ですが
他にも、まだまだ魅力的なレースがたくさんあるんですよ^^♪


今回は、台湾に詳しいRUN友さんの完全アテンド付きで2018新北市萬金石マラソンに出走しました!

はてにゃんはてにゃん

優勝者はなんとあの川内優輝選手(タイムは2時間14分12秒)!


これで、大会知名度も鰻登りになるのではないでしょうか?!


カトレアカトレア

今後参加される方のお役に立てるように、観光編も含めてしっかりレポしていきます^^

盛りだくさんな2泊3日で、写真も膨大にありますので
3記事にわけて、お伝えしていきたいと思います!


川内選手優勝大会! 2018新北市萬金石マラソンin台湾 大会レポ♪ 【後編】
2018萬金石馬拉致 番外編 台湾満喫2泊3日の美食レポ♪



萬金石馬拉松-WAN JIN SHI MARATHON-

実は、当日の朝まで何て読むのか知らなかった大会なのですが・・・(笑)

はてにゃんはてにゃん

わんじんしーと読むらしいです。


台湾で唯一の、IAAFシルバーラベル認定の国際ロードレースということで
日本からは、市民ランナーの星である川内優輝選手も招待選手として参加していました!

翡翠湾をスタートし、スタート後約300メートルで約1kmの萬里トンネルに入る。
トンネルを抜けると一気に海岸線が開け、道路脇にヤシの木が立ち並ぶ
南国情緒溢れるコースとなる。
萬里の温泉街を横目に海岸線から離れ金山青年活動センターを目指す。
アップダウンが激しくなるが、金山青年活動センターを超えたところで
目の前に再び海岸が広がる。
その後も海岸線や内陸地を交互に走り、折り返し地点より同じコースを戻るルート。
台湾で一番景色が綺麗なマラソンとも言われている大会で
海風を感じながら走る爽快感抜群の大会だ。
-ランネットより抜粋-

私たちはフルマラソンの部に出走しましたが、14Kや7Kの部もあります。
フルマラソンは6:30スタートで制限時間は5時間55分。
気温が高く(当日は28度でした!)アップダウンもきついのでやや厳しめですね。

萬金石マラソン、まずは前日受付

宿泊は、台北駅の近くのCOSMOS HOTELでした。
到着日は、空港から事前にチャーターしてもらっていた車で前日受付へ♪





台湾語が話せるRUN友さんに、全部お任せしましたが
日本語が通じないので、一人だったらどうなっていたことか(笑)


受付では、パスポートの提示も求められました。





参加賞品はノースリーブシャツ・靴下・ビニールバック
そして、萬金石マラソン限定の交通ICカードも貰えます。

このカードを見せると、当日の会場行きシャトルバスに無料で乗車できます。


受付の後は、美食を楽しんだのですがこちらは観光編で詳しくお伝えします^^


萬金石マラソンは、早朝スタートで起床は2時!!!

台湾と日本の時差はちょうど1時間。日本の方が進んでいます。

はてにゃんはてにゃん

当日のスタート時間はなんと6時30分!


つまり、日本時間での5時30分という早朝スタートなのです^^;


台北駅前からシャトルバスに乗るのですが、会場までは1時間ほどかかります。
3時すぎにはバスが出発するので、なんと起床は2時でした;;


ほとんど寝ていない状態で迎えた当日。
日の出前でしたが、20℃くらいあって蒸し暑かったです。





日中は、気温が高いので早朝の方の涼しいうちにスタートした方が楽なのでしょうけれど


カトレアカトレア

早起きが苦手な私にはつらかった・・

そして、会場についてからかなりスタートまでかなり時間を持て余します(笑)





朝御飯を食べたり、写真を撮ったりしながらひたすら待ちます。

はてにゃんはてにゃん

こんなに早く着かなくても・・・


カトレアカトレア

あと1時間は寝られたな・・・


そんな考えばかりが頭をぐるぐるします(笑)



萬金石マラソン、いよいよスタート

6時半になると、いよいよ萬金石マラソンのスタートです。
私はCブロックからスタートでしたが、あまり厳しい感じではないので
他のブロックからスタートした人もたくさんいました。





スタートの頃には、すっかり明るくなって気温もちょうどいい感じです。
サイトを見ても詳しく書いてなかった(もしくは読めなくて飛ばした)エイドについてもたくさんあったので、手ぶらでも大丈夫そうです。





念の為に日本から食料は持参していて、トレイル用のリュックを担ぐつもりでしたが
まったく必要ないです。
食べ物、飲み物ともに充実しているので殆どの人が手ぶらでした。





コースは、トンネルを抜けて海沿いを走りハーフ地点で折り返して戻るかなりアップダウンのあるコースです。


だんだん気温が高くなって、当日の最高気温は28度だったそうですが
ほっとんど木陰も風もなくて暑かったーーー!!!





ただ景色はとても良いです^^
海沿いをずっと走ることができるので気持ちよく走れます。





観光スポットっぽいところも通りますが、事前予習なしなので、よくわからず(笑)


それなりに応援してくださる方もたくさんいて、言葉はわかりませんが
頑張れ!的な感じが伝わってきてありがたかったです^^





暑さや寝不足もあって、さらには登り坂が多くて
今回は最初から7分/キロを心がけてスローペースで走ってました。





おおらかな大会なのか、バギーに赤ちゃんを乗せて走る女性がいたり
犬も一緒に走っていたり、上半身裸の男性を何人も見ました(笑)
裸足ランナーやギョサン、ワラーチランナーもたくさんで南国ならではな感じ(*^^)




川内選手優勝大会! 2018新北市萬金石マラソンin台湾 大会レポ♪ 【後編】に続きます(^^)/