Good Morning♪ RUN歴10年!マラソン大好きアラフォー女子のカトレアです♪
ランナーによる、ランナーの為のRUN情報を今日も元気に配信していきます(*^^)v


2018年12月16日に開催された【第3回沖縄100Kウルトラマラソン】のレポを前編・後編と二部に分けてお届けしております。


今回は後編ということで、過去最長距離の77kmを突破して汗と涙にまみれた感動のゴールまでの道のりを綴った後半戦です!


初めてフルマラソンを完走した日、初めてウルトラマラソン(77km)を完走した日、と数々の震えるような感動ゴールを体験してきましたが、今回は人生最長距離ということで感動も一塩!


大人になっても、まだまだ初体験が出来ると言うのはとても素晴らしい事ですよね!これからも、たくさんの未知との遭遇を重ねながら密度の濃い人生を謳歌していきたいと思います。


はてにゃんはてにゃん

我が生涯に一片の悔いなし!(出典:北斗の拳)な日々を送りたいよね♪


カトレアカトレア

それでは、ウルトラマン誕生秘話後半戦のスタートです♪



沖縄100Kウルトラマラソン、後半戦スタート




前半50kmを6時間25分で通過し、着替え&食事をして出発したのは、11時45分でした。11時に50kmの部の人と一緒に走り出そうと思っていたので、45分もオーバーしてしまいました(笑)





しばらくはフラットで走りやすい道だったので、前半の遅れを取り戻すべくゴリゴリ前進します。着替え&軽量化でさっぱりスッキリしたせいなのか、元気を取り戻し快調に走ることができました^^





前半よりも好調に走れています。容赦なく照り付ける太陽光線が暑くて、汗が滝のようにでてきます(*_*)途中でコンビニによってアイスを調達♪ エイドも足りないので、自販機でジュースを買ったりもしました。ちなみに今回は、トイレもほとんどコンビニでお借りしました。





前半は余裕を持って通過できていた関門も、どんどん残り時間が短くなってきています・・。最初のうちは、1時間程余裕があったのに、40分、20分、15分とカツカツに(笑)私が、ペースダウンしてきている証でもあります。

未知との遭遇!初めて走る距離




75km通過!この辺りからドギツイ登りに入っていきます!高低図によると85km前後が最大のヒラリーステップ(※エベレスト登山最大の難所の意)になるので、まだまだ登ります(*_*)





どんどんと、写真を撮る余裕もなくなってきます(笑)5kmおきにしか距離表示がないのですが、果てしなく遠く感じます。これぞ相対性理論ですね。エイドはもう少し短い間隔であるのですが、エイドには次のエイドまでの距離しか書いていません。


はてにゃんはてにゃん

看板に手書きでいいので、エイドにも現在距離を書いておいてほしいです!


カトレアカトレア

5kmと間隔だと、あまりにも果てしなさ過ぎます!





80kmを過ぎると、いよいよ未知との遭遇です。いまだかつて走ったことのない距離ゾーンに突入! 余談になりますが、沖縄の自販機横には、缶を捨てるゴミ箱がないことが多かったです! エイドのゴミ箱も、エイド付近にしかないので飲みながら歩くと捨てる場所がなくなります。


はてにゃんはてにゃん

常にゴミを片手に走っていた気がします(笑)


カトレアカトレア

沖縄の人は自販機で飲み終えた後、どこに捨ててるんだろう?





81.5kmの関門を通過できたのは、制限時間15分まえくらい。次の関門までの余裕がどんどんなくなっていきます。

ニライカナイ橋で火事場のクソ力発揮




次の関門は86km地点です、残り時間が少ないので最後の力を振り絞って猛ダッシュ!ちょうどニライカナイ橋にも突入したので、景色を楽しみながら颯爽と駆け抜けて(いるつもり)いきます!





ニライカナイ橋は、ニライ橋カナイ橋でわかれています。奥さんしってた?

県道86号線のつきしろ方面から国道331号線へ下る途中にある、海に向かって大きくカーブを描く全長660m、高さ80mの橋。「ニライカナイ」とは海の向こうにある理想郷という意味。知念岬や遠くにはコバルトブルーの海に浮かぶ神の島・久高島をのぞむことができる。




絶景のビューポイント!こっちがニライ橋。朝も通ったけど、記憶にありません(笑)





走りやすくて助かりました!橋を抜けたら関門のはず!少しでも早く到着しないと、どんどん歩ける時間がなくなってきます。





続いて、カナイ橋です。行きはカナイ橋から通ってきたので余計にわかりにくかったのかもしれません。





橋を越えたあたりで、ちょうど85kmの距離表示が!あと1kmで関門突破です!まだ大丈夫!





無事に第七関門(86km)突破!相変わらず制限時間10分前くらい。次は91.9kmが関門なのですが、どう計算しても走らなければ間に合いません(笑)

ラスト10km!ついにサンセット!




やっと90km!もう少しこまめに距離表示が欲しいな~!エイドが何キロ地点にあるかは、大会要項の紙に書いてた気がしますがそんなの持って走らないのでせめてエイドにも距離書いておいてください(二回目)





だんだんと日が沈んでいきます。海沿いではなく、今度は道路を走っている時でしたが美しい(そして眩しい)サンセット。走っている間にサンライズとサンセットがばっちり見れた貴重な一日。


本当は明るいうちにゴールしたかったのですが;暗闇でのゴールになりそうです。そういえば、さっきのエイドでハンディライトがまた配られました。





辛すぎて写真を撮る余裕がなかったですが(笑) 91.9kmの関門も無事突破!ここで、まさかの沖縄そば登場。


はてにゃんはてにゃん

もっと早くだしてよ!


カトレアカトレア

いまさら感しかないです(笑)


時間にも余裕がないし、食欲もないし・・それにゴールしたら沖縄そば食べれるし!ということで、ここはスルーしました。同じ考えの人が多いのか、めっちゃ残ってました(笑)

満身創痍の感動のゴール




歩きたいのに、歩く時間的余裕がない!足も痛いし、もはや気力と気合のみが私を前に進めています。過去最長だった77kmを過ぎたあたりから・・


カトレアカトレア

ここまできたらなんとしてもゴールしたい!という気持ちがどんどん強くなっていくのに


はてにゃんはてにゃん

反比例するように、身体が弱っていきます(笑)


『頭と下半身は別の生き物』という殿方の戯言のような言い分が、心底理解できました(笑)


残された時間は残りわずか!残りの距離もあと少し!私の最後の気力を奮い立たせる底力は※コンコルド効果(サンクコスト効果)によるものが大きいです。

※コンコルド効果(サンクコスト効果)
過去に発生した出来事がもったいないオバケによって、現在の意志決定に影響を及ぼしている事。

ここでタイムアップなんて、考えられない! 真っ暗闇の中、ハンディライト片手に必死で走ります。ゴール間近なのはわかるけど、残りの距離もわからないしゴール付近はほとんど灯りがありません(*_*) もはや写真もありません。


ライトアップされた橋桁のようなものを、ゴールアーチと勘違いしてフライング泣きしてしまったことは内緒です(笑)





やっとやっと、本物のゴールアーチ!最後は、全身全霊渾身のダッシュゴールテープを切りました!





記録は13時間47分45秒。制限時間が14時間なので、12分55秒前というギリギリのゴールでした。左の足首の前面が怪我レベルに痛くて、全身疲れ果てていて、気力も根性も使い果たし・・溢れる涙をこらえるパワーすら残っていないほど全てを使い果たした100kmでした。





やっと終わった!もう走らなくていい!というのが、完走の感想(笑) もう間に合わないんじゃないかと何度も思ったけれど、不思議とリタイヤしたいとは一度も思わなかったです。





前半はとにかく50kmを目指し、後半は何が何でもゴールすることだけを目指し、遠路はるばるサンセット&サンライズを拝みながらここまで辿り着きました( ;∀;) 本当に、感無量といった感じです! ようやく、ランナーとして一人前になれた気がしました(´艸`*)





長い長い一日でした!やっぱり100kmは今まで走ってきた距離とは、桁違いにしんどかったです;もう二度と100kmなんて走りたくない!って絶対言うんだろうな、と思ってましたが・・・


カトレアカトレア

実は、また絶対100Kレースに出たいです!


はてにゃんはてにゃん

変な脳内物質がいっぱい分泌されて、中毒になってしまったようです(笑)


来年の年間予定はすでに立てていて、そこにウルトラ100Kmはなかったのですが・・どこかでねじ込んでいこうと思います( ̄ー ̄)ニヤリッ


前編・後編と長くなってしまいましたが、まだ観光編が残っています(笑) 私の長い長い一日にお付き合いいただき、ありがとうございました(´艸`*)